アラサー男が投資と貯金で経済的自由を目指すブログ

おお アラサー よ!貯金がないとは情けない!

投資信託を選ぶために最初に考えるたった二つのポイント

※このブログは特定の人へ向けて書くのがいい、という一般的なブログ向けアドバイスを真に受けて、親友へ向けた手紙の体裁をとってます。

 

いや~。ボーナス出たね~。お前みたいな奴でもボーナスもらえるんだねw

この間投資信託について話してたけど、ネットでちょっと調べただけでも投資信託の選び方については、いろんなサイトがあるな。

こんなのとかさ、

投資信託の賢い11の選び方と買ってはいけない8つの投信

こんなのとかさ、

www.toushin-1.jp

でもね、11の選び方とか、6つのポイントとか、多くね?

もうね、雑にいこう雑に。ポイント2つに絞ろう。

それで大枠絞ってから、他のこと考えよ?

 

その1 複数資産に分散投資する奴はダメ。

お前そういうの買ったらマジ絶交だから(小学生並の脅し)。

え?意味わからん?

例えば、不動産と株式、とか、株式と日本国債社債とか、種類の違う資産を、いろんな割合で組み合わせてる奴。

特定の商品の名前出すのはアレだけどさ、財産X分法~みたいな?

 

(以下は詳しい人からすればアホな記述ですが、投資に全く関心のない友人のため(という体で)に書いているのでご容赦ください)

例えば債券って比較的安全な資産だよね?国債とかさ。

逆に不動産とか、株式は結構リスキーじゃん。だから、リスクとれる奴は株式中心でいいし、リスクが嫌いな奴は国債とか社債中心でいいんだよ。

要するに、どんだけの比率で何の資産を組み合わせるかって、人それぞれじゃね?

そんなもん、人に任せんなや!

ここを人任せ(プロ任せ)にしてしまうと、その分彼らの人件費がかかる。それは全部手数料やコストに跳ね返る。せっかく値上がりしても手数料でパー。

だから、とにかく株式は株式だけ、不動産は不動産だけ、国内債券なら国内債券だけのファンドしか選ぶなってこと。

 

その2 インデックスファンドにしとけ。

その前に、山ちゃんインデックスってわかる?いや、あのラノベに出てくる奴じゃなくて……

インデックスっていうのは、要するに指数のこと。代表的なのが日経平均とか東証株価指数TOPIXとか、よくニュースでやってる奴。

そんで、インデックスファンドはそういう株式指数とほぼほぼ同じ動きをするの。

どうしてかっていうと、ファンドの中の人が、日経平均を構成する225社の株にドーンと何にも考えずに投資すんの。単純でしょw

 

じゃあインデックスと連動する投資信託がいいかだけど、結局はこれもコスト

インデックスに連動するってことは、あんまり細かいこと考えなくていいから、調査費用とかも特にかからないからコストが抑えられるってこと。

逆に中の人が一生懸命調査・検討して、投資するファンドもあるよ。そういうのは「アクティブファンド」って呼ばれてる。

アクティブファンドには凄腕のファンドマネージャー(中の人)がいて、その人が運用成績を上げようと一生懸命になってる。つまりは人件費がかかってくるってこと。

 

そしてその割に、暴落の影響はさけられない。

なぜならどんなに優秀な中の人でも、経済全体の流れはおろか、個別銘柄の動きさえ、完全に知ることはできないから。

 

長い期間をとって比べてみると、一生懸命頑張るアクティブファンドと、単純なインデックスファンド(パッシブファンドともいう)の成績はほぼ互角で、コストの分だけインデックスが有利だ、という話もある。(細かいデータは探すのめんどいし、だいたいどこのブログも似たような話してるからカットで。)

 

長くなっちゃったけど、結局のところは、

日経平均とか、海外の株式指数に連動するファンド買えや

ってこと。

この指数は株だけじゃなくて、国内外の債券や、不動産(REIT)にもあるから、それぞれの資産のインデックスに投資するファンドを選べばいい。

あとはそれをどれくらいの比率で組み合わせるか、結局そこにつきるんだよ。

え?お前もう終電w

じゃ今日はこの辺で。