読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー男が投資と貯金で経済的自由を目指すブログ

おお アラサー よ!貯金がないとは情けない!

80年代後半生まれ懐かしトーク その①~ジュウレンジャー編~

昔を懐かしむようになったら人間終わりとか言うけど、そろそろ30歳になるわけだし、来し方を振り返ってみてもいいんじゃないか。

あと、僕らが3~40代になった頃に、若い頃流行った音楽やドラマのリバイバルブームが来ると思うので、一足お先にそれらおさらいしてしまおうというこの企画。

 

第一回は、個人的に一番印象に残っている戦隊ヒーロー、ジュウレンジャーを取り上げたいと思います。

ジュウレンジャーって何?

1992年に放映された、東映スーパー戦隊シリーズの第16作目。

スーパー戦隊シリーズ 恐竜戦隊ジュウレンジャー VOL.1 [DVD]

スーパー戦隊シリーズ 恐竜戦隊ジュウレンジャー VOL.1 [DVD]

 

 

恐竜をモチーフにした戦隊で、シリーズとしてはレギュラーで6人目の戦士が登場した初めての作品である。

なお、名前で良く勘違いされるが、10人の戦隊ではない。

 

私は当時5歳だったので、毎週毎週結構熱心にみてました。

好きだったのは追加戦士として加入した、

六人目の戦士 ドラゴンレンジャー ブライ。

リーダーのティラノレンジャー ゲキの兄に当たる人物で、永い眠りから覚めた当初は敵として登場、巨大化して、大獣神(ロボット)と戦ったこともあった。

SHフィギュアーツ ドラゴンレンジャー

SHフィギュアーツ ドラゴンレンジャー

 

しかしその後和解し、弟たちと共に戦うわけですが…ブライには弟たちに言えない大きな秘密があったのです。

 

それは、彼は実は既に死んでおり、精霊の力によりかろうじてわずかな余命だけを与えられているということ。

普段は時間の止まった空間に引きこもり、弟達のピンチにだけ駆けつけて、すぐ立ち去ることしかできなかった。

しかし時の止まった空間は敵のバンドーラ一味に破壊されてしまい、いよいよ延命の手段を失ったブライは窮地に陥る。さあ、どうするブライ!?

 

これ僕の記憶では、の余を知った弟のゲキが、を助けようと命の水的なサムシングを手に入れて、でもすんでのところで間に合わず、ブライの命が尽きて、風の中に消えてしまう…という超悲しいシーンがあったような。

(※このサイトで確認したところ、自分のために与えられた命の水を、傷ついた少年に代わりに与えているんですね。さすが兄さんや!)

 

ちなみに合体のロボがすごくカッコよくて、最初は五体合体の大獣神

ブライの操るドラゴンシーザーを加えて獣帝大獣神、極めつけはキングブラキオンを加えての究極大獣神

お父さん、お母さん、本当に当時はありがとうございました。
(※多分かなり高かったと思う。)

さらに大獣神の編成+ドラゴンシーザーを加えて、ティラノプテラを除いた剛竜神っていう編成もあった(ティラノプテラが浮いてしまい、ちょっと寂しい)りして、放送終了後もしばらくは遊んでいた記憶がある。

 

なお、もはや関係ないが、プテラレンジャーの中の人は現在順調に壊れていっている。この人はいつになったら真ん中で落ち着くのかしら。

さよならパヨク

さよならパヨク

 

どんなに変な人になっても、いつまで経っても僕たちには、ヒーローなんだよなぁ(涙)……

 

ちなみにジュウレンジャーニコニコ動画東映特撮チャンネルにて有料配信中であります。

30日の間に見きれる自信があるなら、全話パックが5400ポイント(=5,400円)から配信中なので、こちらもチェックだ。

(※自分は当面忙しくなるので、30日では視聴しきれないなあ、と遠い目をしながら)